> > 秋田県鹿角市、地域PPS「かづのパワー」設立 エネルギーの地産地消目指す

秋田県鹿角市、地域PPS「かづのパワー」設立 エネルギーの地産地消目指す

 印刷 記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成26年度次世代エネルギー技術実証事業の地域資源活用型プロジェクトに、秋田県鹿角市、三菱電機、F-Powerによる「地産地消型需要家PPS実証事業」を採択した。

三者は、『「分散型エネルギーインフラ」プロジェクト導入可能性調査事業』に関して総務省より共同で調査を受託し、報告書を作成した。同報告書では、再生可能エネルギーによる分散型・自立型エネルギーシステムを用いた、エネルギーの「地産地消」モデルの取り組みについて調査・検討した内容をまとめている。

鹿角市は、再生可能エネルギーによる電力自給率が極めて高いが、なかでも長期安定電源である地熱発電の割合が高い。このため、電力システム改革の進展を見据えながら、市が関わる地域PPS(新電力会社)「かづのパワー」を設立し、市内で産出される再生可能エネルギーによる電気を地域で消費し、電力消費に係るキャッシュフローを地域内に取り込むモデルの可能性について調査を行った。

(※全文:1,004文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.