> > 飛行ロボットで空からメガソーラー監視 ALSOKがプレサービスを開始

飛行ロボットで空からメガソーラー監視 ALSOKがプレサービスを開始

 印刷 記事を保存

ALSOKは、飛行ロボットで空からメガソーラーをみまもるプレサービスを、既存の契約先を対象に10月1日から開始する。プレサービスの結果を踏まえ、2015年4月に正式にサービスを開始する予定。

同社では、これまでの実証試験で飛行ロボットによる空撮画像から施設の維持管理に有用な情報が得られることを確認した。プレサービスでは、飛行ロボットを活用することで従来よりもコストを抑えるとともに、用地選定や工事の進捗管理、パネルの異常の発見を短時間でできるサービスを実施する。

具体的には、飛行ロボットによる空撮画像(可視カメラ/赤外線カメラ)を活用し、メガソーラーの計画段階での用地選定や、建設段階での工事進捗管理支援を行う「施設空撮サービス」及び、維持管理段階でホットスポット発生の疑い箇所を報告する「パネル点検(ホットスポット探査)サービス」を提供する。

(※全文:1,034文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.