> > さいたま市で超小型EVの「ワンウェイ型カーシェアリング」 ホンダが社会実験へ

さいたま市で超小型EVの「ワンウェイ型カーシェアリング」 ホンダが社会実験へ

記事を保存
さいたま市で超小型EVの「ワンウェイ型カーシェアリング」 ホンダが社会実験へ

ホンダは、同社製の超小型EV(電気自動車)「MC-β(エム・シー・ベータ)」によるワンウェイ型カーシェアリングの社会実験を10月よりさいたま市と共同で実施する。

この社会実験は、さいたま市とホンダで構成する「さいたま市小型電動モビリティ利活用推進協議会」が、大宮駅周辺に34ヵ所のカーステーションを設置し、合計9台のMC-βを使って、目的地のカーステーションで乗り捨て可能なワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を実施するもの。

さいたま市民・市内企業従事者、同市への来訪者の登録会員を対象とし、移動距離の少ない都市部における小型電動モビリティの活用方法やニーズのさらなる探索を行う。実施期間は10月1日から11月30日まで。なお、カーステーションの一つであるさいたま市営桜木駐車場(さいたま市大宮区)に運営事務所が設置される。

ホンダは、2013年11月に熊本県、さいたま市、宮古島市の各自治体と、MC-βを使った共同社会実験を開始した。さいたま市では、同市職員の事務連絡にMC-βを公用車として利用する庁内シェアリングや、同市民向けに半日から1日程度のモニター貸し出しなどを実施している。

今回、新たな取り組みとして、MC-βを使ったカーシェアリングの社会実験を開始することにより、都市部でのCO2低減や渋滞解消といった課題に対する、小型電動モビリティによる新交通システムの検証をさいたま市とともに進めていく。

「さいたま市小型電動モビリティ利活用推進協議会」は、国土交通省から「超小型モビリティ導入促進事業」の認定を受けた、超小型モビリティの活用方法などを社会実験を通じて検証するプロジェクト。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.