> > さいたま市で超小型EVの「ワンウェイ型カーシェアリング」 ホンダが社会実験へ

さいたま市で超小型EVの「ワンウェイ型カーシェアリング」 ホンダが社会実験へ

 印刷 記事を保存

ホンダは、同社製の超小型EV「MC-β(エム・シー・ベータ)」によるワンウェイ型カーシェアリングの社会実験を10月よりさいたま市と共同で実施する。

さいたま市とホンダで構成する「さいたま市小型電動モビリティ利活用推進協議会」は、大宮駅周辺に34ヵ所のカーステーションを設置し、合計9台のMC-βを使って、目的地のカーステーションで乗り捨て可能なワンウェイ型カーシェアリング「超小型EVにサクサク乗ってみませんか?」を実施する。さいたま市民・市内企業従事者、同市への来訪者の登録会員が対象。これにより移動距離の少ない都市部における小型電動モビリティの活用方法やニーズのさらなる探索を行う。

(※全文:701文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.