> > 各地で事業者向けの新エネ・省エネセミナーや見学会が続々開催

各地で事業者向けの新エネ・省エネセミナーや見学会が続々開催

記事を保存

再生可能エネルギーの導入や省エネ化が求められる昨今、国内では再エネや省エネを促進するためのセミナーや見学会が続々と開催されている。

京都府ではFEMS

京都府では、「FEMS(フェムス)導入促進セミナー」が京都市産業観光局によって開催される。同セミナーでは主に、工場におけるエネルギーマネジメントシステム(FEMS)の導入の必要性と導入事例、導入効果などを紹介する。セミナーは2014年9月20日(土)から12月5日(金)までの期間内に計6回行われる。定員は30名、参加費は無料。

福島県ではメガソーラーの見学・O&M

福島県では、ふくしま再生可能エネルギー事業ネット主催による、「福島空港メガソーラー見学会・太陽光発電O&M(運営管理)セミナー」が10月14日(火)に開催される。

セミナーでは、太陽光事業者を対象に、ソーラーパネルの検査・質管理を行う会社の技術担当者が、ソーラーパネルの適切なO&M(運営管理)方法や20年間の事業計画中に噴出する問題点などについて解説を行う。また、福島空港メガソーラーを見学できる見学会も同時開催される。定員は25人で、参加費は福島駅から参加の場合は800円、郡山駅からは500円。

兵庫県では温泉熱利用の見学ツアー

兵庫県では、太陽光発電所ネットワーク(PV-Net)が、自然エネルギーの導入を考える事業者を対象に、新温泉町湯村温泉で稼働中の温泉熱を活用した温泉バイナリー発電と温度差発電施設の見学会を2014年9月28日から29日に開催する。

温泉施設で稼働中のフロンガスを用いたタービン発電機と、ペルチェ素子を用いた温度差発電施設が一泊二日で見学できる。28日の8時半に三宮駅のバスターミナルに集合し、29日の17時42分に三宮駅で解散となる。参加費は宿泊・交通費を含めて2万5千円。


各セミナーとも、参加には事前申し込みが必要。申込方法は下記の各公式ウェブサイトを参照のこと。

【参考】
京都府 - 「FEMS(フェムス)導入促進セミナー(全6回シリーズ)」の開催について


福島県再生可能エネルギー推進センター - ふくしま再生可能エネルギー事業ネット主催「福島空港メガソーラー見学会・太陽光発電O&Mセミナー」開催のお知らせ
太陽光発電所ネットワーク - 再生可能エネルギーについて学習する見学会のお知らせ

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.