> > 大震災・原発事故で発生した福島県浪江町の廃棄物 処理費用は458億円

大震災・原発事故で発生した福島県浪江町の廃棄物 処理費用は458億円

 印刷 記事を保存

日立造船(大阪府)および安藤・間(東京都)、神戸製鋼所(兵庫県)による共同企業体は、環境省福島環境再生事務所より、東日本大震災とそれに伴う原発事故で被災した福島県浪江町の廃棄物処理業務を受託した。受注金額は458億円(税抜)。

本事業の名称は「平成26年度浪江町対策地域内廃棄物処理業務(減容化処理)」。放射性物質汚染対処特措法に基づき、汚染廃棄物対策地域である福島県浪江町内の仮置場に保管されている対策地域内廃棄物(津波廃棄物、家屋解体廃棄物、家屋の片付け等のごみ、除染廃棄物)を安全に減容化処理することを目的としている。

(※全文:684文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.