> > 凸版印刷、「ほぼ100%バイオマスの紙コップ」を発売 食品・飲料業界向け

凸版印刷、「ほぼ100%バイオマスの紙コップ」を発売 食品・飲料業界向け

記事を保存
凸版印刷、「ほぼ100%バイオマスの紙コップ」を発売 食品・飲料業界向け

凸版印刷(東京都)は、バイオマスプラスチックを使用した製品「BIOAXX(バイオアクス)」シリーズの新製品として、紙コップの内外面にバイオマスポリエチレン(バイオマスPE)素材のフィルムを使用した紙コップを開発した。

同製品は、従来は石油由来のポリエチレンフィルムを使用していた紙コップの内外面に、バイオマス素材のフィルムを用いることでほぼ100%のバイオマス度を実現した。植物由来の原料を使用しながら、コップ成型性やシール性など各種物性において、石油由来のポリエチレンフィルムを用いた従来の紙コップと同等の性能を保持している。食品や飲料業界に向け、2015年1月から販売を開始する。

今後、同社は同製品の研究開発を進め、石油由来のポリエチレンフィルムを用いた現状品とほぼ同等の価格での提供を目指す。また、バイオマスPEをその他の紙製複合容器などへも展開し、「BIOAXX」全体で関連受注を含め2016年度に約120億円の売上を目指す。

なお、同製品は10月7日から10日に東京ビッグサイトで開催される「2014 東京国際包装展」で展示される。バイオマスPEを使用した紙コップの特長は以下の通り。

ほぼ100%バイオマス素材の紙コップを実現

基材フィルムの片面に溶融したバイオマスPEを薄くコーティングする押し出しラミネート技術を紙コップ原紙に応用する加工技術を確立。従来の石油由来のポリエチレンフィルムからの代替が可能になり、ほぼ100%バイオマス素材の紙コップを実現した。

従来品と同等の物性を保持

コップ成型性やシール性など各種物性において、従来品と同程度の品質を保持している。

さまざまな用紙の選択が可能

間伐材を使用した用紙や森林認証紙なども選択できるため、より環境に配慮した製品の製造が可能。

バイオマスPEは、植物由来の原料を用いた持続的利用ができる再生可能資源で、石油など化石資源の使用量を削減できる。また、植物の生育時に大気中のCO2を吸収していること、焼却しても焼却時のCO2発生量と植物生育時のCO2吸収量がプラスマイナスゼロとみなされることから、石油由来のプラスチックに比べてCO2排出量を削減することができる、環境に配慮した材料として注目されている。

凸版印刷は、「地球温暖化防止」「石油使用量削減」に向けた取り組みの一つとして、1991年よりバイオマスプラスチックを使用した包装材の開発・商品化に取り組んでいる。2011年に厚さ100μm以上、翌2012年に厚さ40μm以下のバイオマスPEを使用したラミネート包装材を日本で初めて開発。食品やトイレタリー、医薬品など幅広い分野の軟包装材として展開している。今回、同社が従来培ってきたラミネート技術により、バイオマスPEを使用した、ほぼ100%のバイオマス度を持つ紙コップの開発に至った。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.