> > ファインウッズ社の太陽光発電監視システム、田淵電機製パワコンに対応

ファインウッズ社の太陽光発電監視システム、田淵電機製パワコンに対応

記事を保存
ファインウッズ社の太陽光発電監視システム、田淵電機製パワコンに対応

ファインウッズ(東京都港区)は、低価格・簡易遠隔監視システムの対応パワーコンディショナーに田淵電機社製の三相9.9kWパワコンへの追加対応を行い、10月に販売を開始する。

本システムは本体価格19万8,000円(税別)。また、月額の通信費用は900円(税別)と業界最安値にて活用が可能なシステム(顧客自身で別途ビッグローブのSIMカードの契約を行う必要がある)。これまで新電元工業製パワコンのみの対応となっていたが、新たに田淵電機製パワコンも監視することが可能となった。田淵電機製パワコンの監視では、ストリング毎の監視を行うことができる。

本システム1セットで30台のパワコンの監視が可能。併せてオプションにて485通信BOX(50,000円(税別))を追加購入すれば、本システム1台で最大60台の監視が可能。この場合、新電元工業・田淵電機の混合監視もできる。

本システムはファインウッズが実際に行っている自社発電所のメンテナンス作業の経験を元に、必要な情報を取得し、また月額のランニングコストをできるだけ安く済むよう開発を行った。これまでのメンテナンスは、発電所内で複数台のパワコン内部を操作し各種データを記録していたが、それらの手間を省くことができる。

電源も野立て現場で電源が取りやすいよう100V~200Vまでの電源に対応。SIMカードによる携帯電話回線網を使った通信を行うため、現場にADSLや光ケーブル等の施設作業が不要。本システムをパワコンの外部通信線をつないだ後、本システムに電源を入れるだけでその時から監視作業ができる。またハードウェアも専用装置ではなく、既存装置を組合せることで値段を安く抑えている。

ファインウッズは自然エネルギー事業をFWソーラーとして展開している。FWソーラーは自然エネルギー事業を中心に、太陽光発電システム、オフグリッドシステム向けにリチウムバッテリーの販売、真空管ヒートパイプ式太陽熱温水器の販売を手掛ける。

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください