> > クラレ、デンプンでできた生鮮食品包装用フィルムを国内展開

クラレ、デンプンでできた生鮮食品包装用フィルムを国内展開

 印刷 記事を保存

クラレ(東京都)は、オーストラリアのプランティック社と日本および韓国市場における総代理店契約を結び、バイオマス由来のバリア材料「PLANTIC(プランティック)フィルム」の国内展開を開始する。

同フィルムは、プランティック社が製造する特殊なコーンスターチ(デンプン)を主成分としたバリアフィルム。通常、LDPE(低密度ポリエチレン)やPETフィルムとのラミネートで供給され、生鮮食品の包装材に用いることで、食品の鮮度保持による食品ロスの削減を達成し、食品産業と環境保全両面に貢献する。

なお、同フィルムは、10月7日から東京ビッグサイトで開催される国際包装展「TOKYO PACK 2014」に出展される。「PLANTICフィルム」の主な特長は以下の通り。

(※全文:1491文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.