> > IKEA仙台、屋上に太陽光発電を導入 REC製太陽電池パネルを採用

IKEA仙台、屋上に太陽光発電を導入 REC製太陽電池パネルを採用

記事を保存

REC社(ノルウェー)は、同社の太陽電池パネルが、IKEA仙台の屋上太陽光発電システムに設置されたと発表した。

同システムは、1,880枚の同社製「ピークエネルギーシリーズ」の太陽電池パネルからなり、発電設備容量は479.4kWp、年間の発電量は500,000kWh以上を見込む。

仙台店は日本で8店舗目となるIKEAの新店で、今年7月にオープンした。発電された電力は、店舗内の空調や照明などの消費電力に充当する。さらに周辺地域に大規模な停電が生じた際、地域の緊急サービスなどに電力を転送し供給する。

REC社は、ノルウェーの大手太陽電池パネルメーカー。IKEAはスウェーデン発の家具製造・販売業で、2012年に新しいサステナビリティ戦略を策定し、2020年までに全店の全消費電力相当の再生可能エネルギーの生産を目指している。2014年春にオープンした立川店には、1メガ規模の太陽光発電システムのほか、地中熱を利用したヒートポンプによる空調が導入されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.