> > 統廃合で廃止された新潟市の浄配水場跡地、1.8MWの太陽光発電所に

統廃合で廃止された新潟市の浄配水場跡地、1.8MWの太陽光発電所に

記事を保存
統廃合で廃止された新潟市の浄配水場跡地、1.8MWの太陽光発電所に

新潟市は、同市水道局 浄配水場跡地における太陽光発電事業者の選定結果を公表した。最優秀企画提案者に選ばれたのは、株式会社ノザワコーポレーション(新潟市中央区)。構成事業者は、トランスバリュー信託株式会社(東京都)。

同事業は、旧長戸呂浄水場、旧亀田配水場、西川浄水場(※2014年度末廃止予定)の3施設を貸し付け、太陽光発電事業を行うもの。各土地には既存施設が存在するが、水道局の了解のもと、撤去できるとされている。提案によると、3箇所合計で最大出力は約1.8MW、年間発電量は約212万kWhとなる。今後は、水道局とノザワコーポレーションで基本協定を締結し、事業化に向けた準備を行う。

新潟市では、再生可能エネルギーの利用を推進しており、庁舎や稼働中の浄水場スペースを利用した太陽光発電を行っている。全国的にも再生可能エネルギーの導入が進むなか、統廃合計画に基づく浄配水場跡地を活用した太陽光発電事業を実施することになった。

【参考】
新潟市 - 浄配水場跡地活用太陽光発電事業に係る公募型プロポーザル

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.