> > 岡山県・塩田跡地の巨大メガソーラー(231MW) 900億円の大規模資金調達

岡山県・塩田跡地の巨大メガソーラー(231MW) 900億円の大規模資金調達

 印刷 記事を保存

くにうみアセットマネジメント、東洋エンジニアリング、GEエナジー・フィナンシャルサービスは、29日、岡山県瀬戸内市錦海塩田跡地に日本国内最大級となる発電出力231.44MWのメガソーラーを建設し、発電事業を行うと発表した。

本事業は、2012年7月に瀬戸内市が行った錦海塩田跡地活用の公募提案競技に対して、3社が出資する特別目的会社(SPC)「瀬戸内Kirei未来創り連合体」の提案が、メガソーラー事業を起爆剤として市内全域への波及効果が期待できる提案として選ばれて実施するもの。

(※全文:952文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.