> > 四国・北海道・東北電力 再エネ発電設備の新規申込の接続回答を保留へ

四国・北海道・東北電力 再エネ発電設備の新規申込の接続回答を保留へ

記事を保存

九州電力に続き、四国電力、北海道電力、東北電力は、新規の管内における再生可能エネルギー発電設備の連系申込に対して、接続回答を10月1日より、数ヶ月保留にするとそれぞれ発表した。

3社とも再エネ発電設備の導入が予想以上のペースで伸びており、今後、管内需要を供給量が上回る可能性があり、運用方法や導入拡大策などを早急に検討する間、一時的対応として回答を保留にするとした。検討結果を取りまとめた後、順次回答を行うが、状況によっては接続できないケースもあるとしている。

【参考】
四国電力 - 再生可能エネルギー発電設備に対する契約申込みの取扱いについて
北海道電力 - 当社への再生可能エネルギー発電設備の系統連系申込みに対する回答保留について
東北電力 - 再エネ発電設備の連系申込み(特別高圧・高圧連系)に対する回答の保留について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.