> > 埼玉県さいたま市、廃棄物処分場でメガソーラー設置事業者を公募

埼玉県さいたま市、廃棄物処分場でメガソーラー設置事業者を公募

記事を保存

埼玉県さいたま市は、再生可能エネルギーの導入を促進するため、緑区間宮地区の市有地を活用したメガソーラー推進事業の企画提案を募集する。選定方法は公募型プロポーザル方式。対象地は一般廃棄物最終処分場の一部で、面積は16,500平方メートル。事業期間は20年以内。

対象者は、さいたま市内に本店または支店もしくは営業所を有する法人または連合体。応募希望者は10月7日、8日に応募登録を行うこと。応募登録をした者を対象に10月16日に現地見学を実施する。11月17日、18日に企画提案書を受け付け、11月下旬に事業者を決定、平成27年4月に設置工事に着手する。

同市は、平成24年度に「さいたま市エネルギー・スマート活用ビジョン~新エネルギー政策~」を策定し、「エネルギーセキュリティの確保」「低炭素なまちづくりの推進」「再生可能エネルギー等の導入促進」に取り組んでいる。今回の事業は、同市2カ所目のメガソーラー推進事業となる。

【参考】
さいたま市 - 「緑区間宮地区メガソーラー推進事業」企画提案募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.