> > フロン回収・破壊法の大改正、事業者の新たな責務とは? 環境省が説明会

フロン回収・破壊法の大改正、事業者の新たな責務とは? 環境省が説明会

 印刷 記事を保存

環境省は、来年4月に予定されている、改正されたフロン回収・破壊法の全面施行に先立ち、経済産業省との共催で、10月より全国50カ所で、主に業務用冷凍空調機器のユーザー、整備業者等を対象とした、法改正に関する説明会を開催する。また、同日同所で、全ての業務用冷凍空調機器のユーザーが必要となる「簡易点検」に関する説明会を開催する。

業務用エアコン及び業務用冷蔵・冷凍機器(業務用冷凍空調機器)に冷媒として使用されているフロン類の取扱いについて規制する「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律」(フロン回収・破壊法)が、昨年6月に改正された。「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」と名称を改め、平成27年4月より全面施行を予定している。

今回の法改正では、法律の対象範囲が広がり新たな制度も導入される。

(※全文:1,288文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.