量子ドット太陽電池、量産体制へ 米企業、量子ドット材料の生産能力拡充

  • 印刷
  • 共有

クァンタム マテリアルズ社(QMC社、米国)は、次世代太陽光発電技術に適用される量子ドット材料の量産に向けた生産能力拡充を発表した。

量子ドットは太陽光発電において多くの優位性を提供可能な材料だが、これまで同技術を採用した薄膜型太陽電池の開発にはコストがかかり、量子ドット量産技術がなかったことから、民生品としての導入や市場浸透が遅れていた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報