> > 北九州市にバイオマス燃料貯蔵基地 国内最大級で安定供給に貢献

北九州市にバイオマス燃料貯蔵基地 国内最大級で安定供給に貢献

 印刷 記事を保存

エネルギー資源開発(東京都千代田区)は、6日、福岡県北九州市に国内最大級のバイオマス燃料の集配及び貯蔵基地を建設し、運用する計画を発表した。運用開始は2017年を予定している。

本貯蔵基地の年間最大取扱量は200万トン。バイオマス燃料貯蔵施設としては国内最大級の規模となる。貯蔵、保管するのは、北米やアジアから調達する間伐材・農作物残渣を原料とするバイオマス燃料。燃料は、SOL Holdings(東京都品川区)や海外企業から調達する。

(※全文:718文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.