> > 北九州市にバイオマス燃料貯蔵基地 国内最大級で安定供給に貢献

北九州市にバイオマス燃料貯蔵基地 国内最大級で安定供給に貢献

記事を保存

エネルギー資源開発(東京都千代田区)は、6日、福岡県北九州市に国内最大級のバイオマス燃料の集配及び貯蔵基地を建設し、運用する計画を発表した。運用開始は2017年を予定している。

本貯蔵基地の年間最大取扱量は200万トン。バイオマス燃料貯蔵施設としては国内最大級の規模となる。貯蔵、保管するのは、北米やアジアから調達する間伐材・農作物残渣を原料とするバイオマス燃料。燃料は、SOL Holdings(東京都品川区)や海外企業から調達する。

これらの燃料は、固定価格買取制度対象のバイオマス火力発電所だけでなくCO2削減のために石炭火力発電所へ供給することもできる。国内最大級の本貯蔵基地からの燃料供給により、安定した電力供給が可能になる。

エネルギー資源開発はバイオマス燃料供給事業や火力発電所のコンサルティング事業を手掛ける。バイオマス火力発電所では、燃料の安定供給が事業の成功の大きな鍵となる。同社は国内外から安定的にバイオマスを供給できる調達先を選定し、貯蔵基地で保管した後、顧客の発電所へ供給している。

またバイオマス発電事業への導入を考えている事業者への各種コンサルティングを行っている。バイオマス燃料の活用を推進する事業を通じて、環境面だけでなく、産業の創出と循環型社会にも貢献していく考えだ。

SOL Holdingsは、昨年より、スーパーソルガム関連事業を新たな中核事業と位置づけ、経営資源を投入している。「ソルガム」は穀物の一種で、糖液からエタノールを製造することができる。同社グループでは、インドネシアにおいて、大統領直属のインドネシア科学院(Lipi)と連携し、ソルガムを使ったバイオエタノール生産の実証実験に取り組んでいる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.