> > 「スマート家電」開発用プラットフォーム 制御用の国際通信規格にも対応

「スマート家電」開発用プラットフォーム 制御用の国際通信規格にも対応

記事を保存

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン(東京都目黒区)など4社は、日本のHEMSをはじめとするIoT市場向けに、家電制御の国際通信規格に対応した、無線トランシーバ、マイクロコントローラ、ソフトウェア・スタックで構成された開発プラットフォームを提供する。

フリースケール、セムテック・コーポレーション(日本支社:東京都品川区)、日新システムズ(京都府京都市)、丸文(東京都中央区)の4社は、6日、IoT向け国際通信規格である「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」のソリューションを共同開発したと発表した。

本ソリューションは、フリースケールのKinetis(キネティス)マイクロコントローラ、Kinetisを使用した丸文のセンサ・フュージョン・ボード、セムテックの無線トランシーバ、および日新システムズのEW-WSNソフトウェア・スタックによって構成されている。

4社は共同で、スマートメータ、HEMS機器、スマート家電をはじめとするIoT市場向けに、本ソリューションの拡販に努めていく。各社の個々の製品は既に供給中で、本ソリューションの評価キットは2015年3月の出荷を予定している。

顧客は本ソリューションを利用することによって、標準規格に準拠しつつ、アプリケーション毎に異なる性能、機能、およびコスト要求に、ハードウェア/ソフトウェア互換かつ豊富な製品群から最適な部品構成を選択することができる。

モノのインターネット(Internet of Things:IoT)とは、従来のコンピュータなどの情報・通信機器だけでなく、様々なモノをインターネットに接続して通信機能を持たせることで、自動制御や遠隔計測などを行うことをいう。

急速に成長しているIoT市場において、その基盤となるコネクティビティ技術には堅牢な通信と低消費電力性能が必要とされ、このニーズを満たすためさまざまな新プロトコルの標準化と世界規模での利用が始まっている。

このような背景の中、国内外の有力企業により、IEEE802.15.4g規格をベースに相互接続を有する無線通信規格の策定、普及を目的とした“Wi-SUNアライアンス”が設立された。Wi-SUNアライアンスでは、宅内エネルギー管理アプリケーション用の標準通信規格「ECHONET Lite」向けの下位通信インタフェース規格として「Wi-SUN for ECHONET Lite Profile」を標準化した。

フリースケールのKinetisマイクロコントローラは、ハードウェア/ソフトウェア互換性をもつARM Cortex®-M0+およびCortex-M4コアをベースとしたポートフォリオを有し、900品種を超える汎用組み込みおよびアプリケーション特化型の製品群によって構成されている。

セムテックは、数kHzから2.4GHzまでのISM(Industrial,Scientific and Medical)バンドを利用した長距離、短距離の無線ソリューションを、スマートメータ、遠隔監視、セキュリティ、ホーム、ビル管理のシステムに提供している。今回のSX1272無線トランシーバICは、Wi-SUN認証を取得している。また、SX1272はLoRa™長距離伝送技術も内蔵しており、より広いエリアをカバーする無線ネットワークを構築することができる。

日新システムズは、「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」に対応したPHY層、MAC層、ネットワーク層(6LoWPAN、IPv6)、セキュリティ認証(PANA)をサポートしたソフトウェアスタックEW-WSNを、セムテックの無線トランシーバICとフリースケールのKinetisマイクロコントローラ上で動作するようにソフトウェア実装を行った。

EW-WSNは組み込み機器への実装を想定した小フットプリント(ROM:90KB、RAM:30KB ※標準実装時)が特徴で、スマートメータ、HEMSゲートウェイの双方に対応ができるため、様々な場面での活用が可能。

丸文は、センサ・フュージョン開発環境であるCemPla Tri(センプラトライ)ボードにKinetisを搭載しており、顧客が簡単に「Wi-SUN Profile for ECHONET Lite」を実現、および様々なセンシングデータを送信できる環境を提供する。

フリースケール・セミコンダクタは、アメリカの半導体メーカー。先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションを提供している。セムテック・コーポレーションは、アナログとミックスドシグナル半導体を提供している。同社の製品は、コンピュータやモバイル機器など幅広いアプリケーションに用いられている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.