> > HEMSによる家庭のCO2削減行動促進には、どのデータが必要か? 検討へ

HEMSによる家庭のCO2削減行動促進には、どのデータが必要か? 検討へ

記事を保存
HEMSによる家庭のCO2削減行動促進には、どのデータが必要か? 検討へ

環境省は、凸版印刷などが参画する「平成26年度HEMS活用によるCO2削減ポイント構築推進事業」を実施するにあたり、「平成26年度HEMS利用の価値向上のための調査事業検討会」の第1回会合を10月21日に開催する。なお、会議は公開で行われる。

本事業では、HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)などから得られる家庭のエネルギーデータを活用し、CO2削減行動を促進する仕組みづくりを目指している。平成24年度から3年間の継続事業で実施されており、今年度はその最終年度にあたる。そこで、これまでの事業の成果をまとめ、HEMS事業者などに向けたマニュアルを作成する。

本検討会では、HEMS利用の付加価値向上に資する仕組みの構築のための調査及びHEMS利用によるエネルギー消費データ収集と分析に関する調査計画、調査方法、調査結果に対する検討を行う。

「平成26年度HEMS活用によるCO2削減ポイント構築推進事業」には、凸版印刷が、富士通、三菱総合研究所の協力のもと参画する。本事業では、各世帯のHEMSから取得したエネルギーデータに基づいて、インセンティブ(CO2削減ポイント)を付与することによるCO2削減行動を評価する方法を検証する。その際には、削減行動を評価するために重要な機器などについても整理することで、低炭素行動促進のためにHEMSで取得すべきデータの要件を検討する。また、CO2削減ポイントは、検討した評価方法に基づいて決定され、凸版印刷が開発したシステムによって自動算出される。

本検討会の第1回会合の開催概要は以下の通り。

開催概要

日時

平成26年10月21日(火)10:00~12:00

場所

一般財団法人日本航空協会 航空会館B101会議室(東京都港区)

議題

  1. 「平成26年度HEMS活用によるCO2削減ポイント構築推進事業」について
  2. HEMSデータを用いたCO2削減行動の評価方法の検討について
  3. CO2削減行動を促進するインセンティブおよび付与の仕組みの検討について
  4. その他

傍聴

傍聴を希望の場合、10月17日17時までに申し込む。詳細は、環境省の本委員会の開催情報等を参照。

【参考】
環境省 - 平成26年度HEMS利用の価値向上のための調査事業検討会(第1回)の開催について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.