> > 北九州市最大のメガソーラーが稼働 パネルは軽量ガラスとFRPで塩害対策

北九州市最大のメガソーラーが稼働 パネルは軽量ガラスとFRPで塩害対策

記事を保存
北九州市最大のメガソーラーが稼働 パネルは軽量ガラスとFRPで塩害対策

旭硝子(AGC)は、北九州市で、同社グループの化学強化特殊ガラスとFRP(ガラス繊維強化プラスチック)素材をパネルに採用したメガソーラー「エネ・シードひびき太陽光発電所」が、10月14日に全面運用を開始したと発表した。

同発電所はAGC所有地に設置された発電規模20.5MWの北九州市最大のメガソーラー。両面ガラス軽量ソーラーパネルには、同社の軽くて強い化学強化特殊ガラス「Leoflex®」が両面に使用され、架台には子会社のAGCマテックスの軽くて錆びないFRP素材「プラアロイ」が使用されている。いずれも軽さと高い耐久性を特長とする。

同発電所は沿岸部に立地するため、塩害によるソーラーパネルの劣化や架台の腐食などが懸念されていた。このような環境下でも、軽量ガラスやFRPの特長を活かした製品を採用することで、それらの課題を解決し、メガソーラーの長寿命化に貢献するとともに、施工時の作業負荷を軽減した。

両面ガラス軽量ソーラーパネルは三菱電機が開発した。耐湿性に優れるガラスを両面に使用することで、長期間にわたりパネルの劣化を抑え信頼性を高めている。さらに、ガラスを「Leoflex」にしたことで、通常の片面ガラスのパネルと比べて約2割の軽量化を実現した。

「プラアロイ」を用いたFRP架台の一部には、NTTファシリティーズと共同開発した施工性の高い新設計の架台を採用し、施工時の作業効率を大きく改善した。なお、この新設計の架台は2014年度グッドデザイン賞を受賞している。

AGCは、経営方針Grow Beyondの下、「環境・エネルギー問題に技術力で貢献」を成長戦略のひとつに掲げている。今後も、顧客に最適なソリューションを提供することで、成長基盤の強化・定着を図っていく方針を示している。

「エネ・シードひびき太陽光発電所」は、西部ガスの100%子会社エネ・シードと、旭硝子が設立したエネ・シードひびきが運営する。敷地面積は約25万6,000平方メートル、建設期間は平成25年4月~平成26年9月。投資額は約60億円。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.