> > 小水力発電の事業性評価への補助金 長野県・石川県・栃木県などで6件決定

小水力発電の事業性評価への補助金 長野県・石川県・栃木県などで6件決定

記事を保存

新エネルギー導入促進協議会(NEPC)は、平成26年度「小水力発電事業性評価調査」の補助金交付先6件を決定した。これは、事業化に向けた事業性評価を実施するために必要不可欠な諸調査、設計及び調査結果をもとに事業性の評価までを実施する事業者に対して補助金を交付するもの。

今回決定したのは、三峰川電力(長野県)「新宮川発電所」、新日本コンサルタント(石川県)「大野川水系浅野川湯涌河内谷小水力発電所」、三峰川電力(栃木県)「思川第一発電所」「思川第二発電所」、宍粟市(兵庫県)「西河内市民発電所(仮)」、スマートエナジー(栃木県)「那須疏水 下段幹線第1発電所・第2発 電所」の各事業性評価調査。

これらの補助先の決定にあたっては、外部有識者からなる採択審査委員会(委員長/九州工業大学工学研究院 金元敏明教授)による評価及び審査が実施された。

【参考】
NEPC - 平成26年度小水力発電事業性評価調査の交付決定について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.