> > 燃料電池、使用中の中身の観測に成功 電極・触媒の開発に貢献

燃料電池、使用中の中身の観測に成功 電極・触媒の開発に貢献

 印刷 記事を保存

自然科学研究機構分子科学研究所等の研究グループは、大型放射光施設「SPring-8」でエネルギーの高い硬X線を用いる「雰囲気制御型光電子分光装置」を開発し、世界に先駆けて固体高分子形燃料電池における燃料電池動作中の触媒電極の硬X線光電子分光その場観測に成功した。

この測定により、燃料電池の電極間に印加された電圧に対応して電極中の白金ナノ粒子の電子状態が変化する様子を観測することができた。これは、測定が難しかった燃料電池動作中の電極の電子状態を測定することが可能になったことを示しており、今後、この装置により様々な燃料電池電極の動作中の状態が観測され、その結果が電池電極や触媒材料の開発に役立つことが期待される。

(※全文:877文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.