> > 福島県、事業者向けの太陽光発電補助金を追加募集 低圧限定

福島県、事業者向けの太陽光発電補助金を追加募集 低圧限定

記事を保存

福島県は、県内企業が行う太陽光発電設備の導入に要する費用の一部を助成する「地域再生太陽光発電モデル事業補助金」の参加促進モデルの追加募集、農業水利施設活用モデルの募集を発表した。

補助対象者は、補助金を受給する年度内に発電設備を導入する見込みである県内法人で、発電設備の整備予定地が県内であること。

参加促進モデルとは、県内法人の太陽光発電設備の施工・保守管理事業、売電事業への新規参入を促進するため、施工・保守管理技術、発電所運営ノウハウを学ぶ講座と一体となった補助制度。対象事業は、50kW未満の小規模な太陽光発電設備の導入を行うこと。補助率は補助対象経費の1/3以内。上限は補助対象経費の1/3、または10万円/kW以内のいずれか低い額。

農業水利施設活用モデルとは、ため池、農業用水路等の農業水利施設を活用した太陽光発電事業の実践モデルを創出するための補助制度。対象事業は、農業水利施設を活用した50kW未満太陽光発電設備の導入を行うこと。補助率は補助対象経費の1/3以内、700万円以内。

補助対象経費は、太陽光発電設備の設置に必要な設計費、設備費、工事費等。事業期間は、交付決定日から平成27年2月28日まで。

応募期間は平成26年10月1日(水)から10月31日(金)まで(17時必着)。必要書類等の応募に関する詳細は県の公式ウェブサイトを参照。

【参考】
福島県 - 地域再生太陽光発電モデル事業(追加募集)について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.