> > 三菱樹脂、オーストラリアに太陽光利用型植物工場設立 富裕層向け野菜販売

三菱樹脂、オーストラリアに太陽光利用型植物工場設立 富裕層向け野菜販売

 印刷 記事を保存

三菱樹脂(東京都)は、オーストラリアに現地法人「KAITEKI Fresh Australia Pty Ltd」を7月31日に設立。同国において、植物工場で栽培した安心・安全な野菜を、生産から販売まで行う事業を開始した。同国ビクトリア州に約5,000平方メートルの太陽光利用型植物工場を建設し、生産から販売まで一貫した事業を行い、2015年春から収穫した葉物野菜を現地の高級スーパー向けに販売する。

従来、同社グループは日本と中国で植物工場の栽培システムを販売してきたが、今回、同社ではそのシステムを用いた植物工場産野菜の生産販売事業を行い、付加価値の高い無農薬葉物野菜のブランド化とグローバル展開を目指す。まずオーストラリアのメルボルンやシドニーなど大都市圏を中心に野菜を販売し、同時にシンガポールやタイなど東南アジアの新興国において同事業展開を進めていく。

(※全文:861文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.