> > 環境省、温泉資源の許可不要な掘削の類型化について意見募集

環境省、温泉資源の許可不要な掘削の類型化について意見募集

記事を保存

環境省は「温泉資源の保護に関するガイドライン」について、地熱発電関係の一部改正案を策定した。それに合わせて、平成26年10月20日(月)から11月20日(木)までの間、同案に関する意見の募集(パブリックコメント)を行う。

現行では、貴重な資源である温泉を守るため、温泉をゆう出させる目的の掘削、増掘および動力装置の設置を行うには都道府県知事の許可が必要としている。しかし、平成25年6月14日閣議決定された規制改革実施計画では、「温泉法第3条が温泉をゆう出させる目的で土地を掘削しようとする者は許可が必要としていることを踏まえ、許可が不要な掘削について類型化する」とされた。そのため同省は、許可が不要とされる掘削を「温泉資源の保護に関するガイドライン」の一部改正案として取りまとめた。

今回の意見募集は、同改正案に対して民間からの意見を聴くために企画されたもの。

意見募集期間は、平成26年10月20日(月)~11月20日(木)まで。意見提出方法は、公式ウェブサイト上にある意見提出用紙に意見をまとめ、FAX、郵送、電子メール、いずれかの方法で環境省自然環境局まで提出すること。

さらなる詳細は環境省の公式ウェブサイトまで。

【参考】
環境省 - 「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)」の一部改正案に対する意見の募集について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.