> > 山形県に完全閉鎖型植物工場が完成 高速栽培技術・LED照明を採用

山形県に完全閉鎖型植物工場が完成 高速栽培技術・LED照明を採用

記事を保存
山形県に完全閉鎖型植物工場が完成 高速栽培技術・LED照明を採用

昭和電工(東京都)は、同社のシステムを採用した遠藤商事(山形県山形市)のLED照明を使用した完全閉鎖型大規模植物工場(山形県天童市)が10月22日に完成したと発表した。

同工場に採用された植物工場システムは、昭和電工独自の高速栽培技術「SHIGYO®法」と、SHIGYO®法の効果を最大化するように設計されたLED照明や栽培ユニットなどをパッケージ化したもの。完全閉鎖型の植物工場は、天候や気温に左右されず農産物を計画的かつ安定的に生産できることが特長。加えてSHIGYOR法を用いると、農産物の品種に合わせた最適な光を選択的に照射することにより、蛍光灯と固定式のLED照明を使用した工場に比べ、収穫量を増やすことが可能。

着工式の様子

着工式の様子

同工場は、リーフレタスなどの葉菜類を1日に最大4,000株収穫できる生産能力を有する。生産された野菜は、山形県のスーパーマーケットなどで販売される予定。

なお、昭和電工の植物工場システムは、11月12日~14日に東京ビックサイトで開催される「アグリイノベーション2014」で展示される。

昭和電工は、安心安全な食料の安定的な供給を実現する植物工場の普及を目指し、収益性の高い植物工場が運営できるように、工場運営を検討する事業主にさまざまなサポートを行っている。同パッケージには、栽培マニュアル等の技術サポートも含まれており、新規事業として植物工場を開始する際に適したものとなっている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.