> > 2020年、リチウムイオン電池の世界市場は700億超に 民間予測

2020年、リチウムイオン電池の世界市場は700億超に 民間予測

 印刷 記事を保存

調査・コンサルティング会社のフロスト&サリバンは、「リチウムイオン電池の世界市場分析と市場展望」を発表し、リチウムイオン電池の世界市場規模は、2013年の175億8000万米ドルから、2020年には4倍以上に成長する予測とした。

リチウムイオン電池の需要は、電力網向けエネルギー貯蔵や再生可能エネルギー貯蔵に向けたアプリケーションの開発によっ促進されている。電力貯蔵市場は、リチウムイオン電池の主要な消費市場となる見込みで、今後、電力会社はリチウムイオン電池を使用したスマートグリッド・ソリューションを利用する傾向が予測されている。このためリチウムイオン電池のベンダーは、電力網向けエネルギー貯蔵および再生可能エネルギー貯蔵を自社ビジネスの成長戦略に含めることが推奨される。

同社のリサーチマネージャー ヴィシャル・サプル氏は下記のように述べている。

(※全文:1,443文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.