> > 電気代、15%安ければ約半数が電力会社乗り換えを検討 アンケートで判明

電気代、15%安ければ約半数が電力会社乗り換えを検討 アンケートで判明

 印刷 記事を保存

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が実施した「電力小売市場意識調査2014」の結果、電気料金が現在より安い電力会社を見つけた場合、電力の購入先の変更を検討する消費者の割合は、現行電気料金より5%の割引率で10.0%、15%の割引率では49.8%と約半数が変更を検討する考えであることが分かった。

また、原子力発電を利用しない電力供給サービスに「多く払いたい」という人は24.4%、再生可能エネルギーのみを利用した電力供給サービスに「多く払いたい」という人は29.0%を占め、原子力発電を利用しない、または、再エネのみを利用した電力供給サービスに対しての関心は昨年に引き続き高いことが分かった。

電力購入先である電力会社変更の検討は、2013年の結果と比較すると、電気料金の割引率によらず全体的に低下している。

(※全文:811文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.