> > 三菱重工など、風力発電の単機発電量で世界記録 発電量19万2,000kWh/日

三菱重工など、風力発電の単機発電量で世界記録 発電量19万2,000kWh/日

記事を保存
三菱重工など、風力発電の単機発電量で世界記録 発電量19万2,000kWh/日

三菱重工業は、デンマークのヴェスタス社との洋上風力発電設備専業合弁会社であるMHIヴェスタスが、定格出力8,000kWの風力発電試験機である「V164-8.0MW」プロトタイプ機を用いて、24時間で19万2,000kWhの発電を記録したと発表した。

1基の風力発電設備が1日に達成した発電量としては世界最高で、MHIヴェスタスは「V164-8.0MWの能力が十分に発揮された結果であり、技術の質の高さを裏打ちするとともに、試験チームの技能の高さを示すもの」と説明している。

V164-8.0MWは現在、型式認定取得を目指している世界最大の風力発電設備。今回の世界記録は、デンマーク北部ウスタイル試験場において、10月6日から7日にかけての24時間に実施された陸上実証運転で達成された。その発電量は、同試験場近郊の都市ティステッドの1日の電力需要を十分賄うものとなった。

なお、この発電データは、ウスタイル試験場を所有するデンマーク技術大学により計測された。

本設備は2014年1月にウスタイル試験場に設置し、その後、90%の稼働率で運転されている。今後も、型式認定取得に向けて、引き続き発電設備の性能データを収集していく。

V164-8.0MWの仕様は、定格出力が8,000kW、翼長が80m、受風面積が21,124平方メートル、ナセル体格が全長24m×全幅12m×全高7.5m、ナセル重量が約390t、ハブ高が約105m(プロトタイプ140m)、全高が約187m(プロトタイプ220m)。

MHIヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind A/S)は、三菱重工業とヴェスタス社が今年4月1日に発足し、営業を開始した。両親会社の洋上風力発電設備事業を分割・集約してスタートし、急成長が期待されるこの分野でグローバルトップのプレイヤーとなることを目指している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.