> > 「マグネシウム燃料電池」の特許権、オリコン子会社が取得

「マグネシウム燃料電池」の特許権、オリコン子会社が取得

 印刷 記事を保存

オリコンの連結子会社であるオリコン・エナジーと東北大学、産総研は、特許庁に対して審査請求を行っていた、マグネシウム燃料電池を実用化していく上で基本特許とも言える発明のうち1件について、10月17日付で特許権が付与されたと発表した。

今回取得した特許に関して、オリコン・エナジーは、資本業務提携を締結している株式会社S to M(宮崎県)に対して、当該特許の実施権を独占的に許諾する。さらに、オリコン・エナジーとS to Mは、「マグネシウム・ソレイユプロジェクト」と連携しつつ、関連する周辺技術について共同で研究開発を行い、マグネシウム関連製品の製品化を端緒として「マグネシウム循環社会構想」の実現を目指す。

(※全文:1,069文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.