> > ネクストエナジー、ソーラーシェアリング向けの太陽電池モジュール発表

ネクストエナジー、ソーラーシェアリング向けの太陽電池モジュール発表

記事を保存
ネクストエナジー、ソーラーシェアリング向けの太陽電池モジュール発表

自然エネルギー関連事業を手掛けるネクストエナジー・アンド・リソース(長野県)は、95W太陽電池モジュール「NE125×125-36-M(L)」を発売した。

同製品は、従来、オフグリッド(独立蓄電型)太陽光システム用に販売していた中型モジュールを改良し、太陽電池モジュール1枚あたりのサイズを小さくした。これにより、ソーラーシェアリングなどでは、モジュールの影による農作物生育への影響を最小限に抑えることができる。サイズは1,199mm×551mm×35mm。

これまでの大型タイプでは、モジュール1枚あたりの面積が大きく、農地で使用した場合、地面に生じる影の面積が大きい状態が一日を通して続き、農作物の生育に影響する可能性がある。新製品は、ソーラーシェアリングで使用する際に日陰を小さくしたいという顧客の声に応えたもの。

同社の太陽電池モジュールは、長期信頼性およびその保証体制に関する認証「JIS Q 8901」を取得しており、新製品も中型でありながら多岐にわたる高度な検査をクリアし、高い耐久性を有している。また、保証面に関してもAON-COFCO社(世界最大の保険コンサルティンググループ)との二重保証体制、リニア出力保証25年、経済損失補償10年を用意している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.