> > 楽天の電力需要予測システム 米GEの多変量解析ツールを採用

楽天の電力需要予測システム 米GEの多変量解析ツールを採用

 印刷 記事を保存

楽天は、今年6月から進めている宿泊予約データを活用した電力需給予測システムの構築において、アメリカのゼネラル・エレクトリック(GE)社傘下のGEインテリジェント・プラットフォームス(GEIP、東京都)のデータ管理・分析ソフトウェア「Proficy CSense」を採用すると発表した。

楽天は、クリップス(新潟県)及び新電力会社のグローバルエンジニアリング(福岡市)と共同で、再生可能エネルギー小売におけるインバランス量低減と、それによる罰則的なインバランス料金支払いの低減に向け、宿泊予約データと電力消費データとの相関関係に基づく電力需給予測システムの構築を進めている。

(※全文:779文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.