> > イオン、埼玉県に直営で初の植物工場 木質ペレット使用で化石燃料2/3削減

イオン、埼玉県に直営で初の植物工場 木質ペレット使用で化石燃料2/3削減

記事を保存
イオン、埼玉県に直営で初の植物工場 木質ペレット使用で化石燃料2/3削減

イオンの連結子会社で農産物の生産を担うイオンアグリ創造(千葉県)は、イオン直営農場初となる植物工場を2016年春に埼玉県久喜市に建設すると発表した。

栽培施設は、2014年に「次世代施設園芸導入加速化支援事業」の新規採択地区となった久喜市の現埼玉県園芸研究所内の敷地4haをイオンアグリ創造が「埼玉久喜農場(仮)」として運営する。まず2015年内に約1ha分の敷地に施設を建設し、2016年4月から生産を開始、2017年4月には完全に稼働する予定。

収穫物は、関東エリアのイオン、ダイエー、マックスバリュなどで販売する。冬期の施設内の暖房に地元の間伐材を原料とした木質ペレットを使用するため、一般的な施設の暖房と比較して化石燃料の使用量が3分の1程度に削減できる。

栽培方法は、高品質で均質なトマトが生産できるといわれている水耕栽培の一種「低段密植栽培技術」を採用。これにより通常年1~2回のところ年3~4回栽培でき、収穫量の拡大が見込めるほか、立ち姿勢のままかがまず作業できることから生産性が向上し、手ごろな価格の実現にも寄与する。栽培ハウスは2015年4月から建設開始、2016年12月に完成予定。天井高が一般的なハウスの2倍程度高く、夏場などに温度管理が容易な「高軒高ハウス」を建設する。

この取り組みは、同事業の指定栽培作物の一つであるトマトの栽培を通じて、生産性の高い施設栽培を目指すイオンアグリ創造とトマトの一大産地形成によりブランド化を狙う埼玉県の思いが合致し実施するもの。イオンは、埼玉県と同事業を継続的に実施し、農産品の生産・販売を通じ、顧客満足のさらなる向上と埼玉県産トマトのブランド化の実現に向けて取り組んでいく。

今年5月に埼玉県に選定された「次世代施設園芸導入加速化支援事業」を活用し、埼玉県・イオンリテール・久喜市と設立したコンソーシアムを通じて年間の計画生産を行い、施設栽培におけるビジネスモデルの早期確立を目指す。なお、同事業は、先端技術と強固な販売力を融合させ、生産から調整・出荷までを一気通貫して行うとともに、地域資源を活用したエネルギーを活用する次世代施設園芸拠点の整備を進めるもの。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.