> > 初日来場者の本音(LIVE) 『グリーン・イノベーションEXPO2014』

初日来場者の本音(LIVE) 『グリーン・イノベーションEXPO2014』

記事を保存
初日来場者の本音(LIVE) 『グリーン・イノベーションEXPO2014』

2014年11月12日(水)~2014年11月14日(金)、ビッグサイトで開催中の『グリーン・イノベーションEXPO2014』会場来場者に伺いました。

開催中のイベント

  1. 第11回ECO-MAnufacture
    工場や製造業向けエネルギー・環境対策技術・サービスが一堂に会する専門展示会
  2. 第4回水イノベーション
    革新的な水循環システムの構築と上下水道運営システムの国内外展開を支援する専門展
  3. 第2回スマートハウス・エコハウス展
    スマートハウスやエコハウスを構成する製品・技術を一堂に集めた専門展示会
  4. 第38回メンテナンス・テクノショー
    工場経営と保全を考える専門展示会

来場者の声

水の中の汚れをとる機械を作っているんですが、一緒にパートナーとしてやっていけるような会社を探すために展示にきました。ポンプの技術に注目していて、そういう企業があるといいですね。モノとしていいものを作っているところが見つかれば一緒にやっていきたいですね。(脱水機メーカー 男性)


ガスを扱っているのでガスと関係のある栗田工業さんからメタン発酵やその排水設備について最新の技術について教えていただきました。やはり私どもに一番近い会社なので。展示に足を運んで、話を聞いて技術を学び、調査することができて満足しています。(ガス会社 男性)


栗田工業のブース

栗田工業のブース

下水で使うフィルターなどの技術を見たいなと思って今日来ました。エンジニアなので製品がないと始まらないですよね。なので濾過膜関係のものをいろいろと見て回ろうと思っています。(下水関係 男性)


プラント関係の装置を見に来ました。とくに安川電機さんのインバーターですね。ポンプとかインバーターなどのファクトリーオートメーションの制御機器を作っているんですが、ほかの企業さんがどういう機器を使って展示してるのかも気になって見ています。(FA制御機器メーカー 男性)


水処理の技術開発をしているので、そういった技術を探しにきました。設計から管理までしているので、自分が実際に使っているものも展示してありますね。注目しているのはソルエースさんですね。ここの散気装置が評判いいらしいので見に行こうかなと。(水処理関係 男性)


構造物の維持管理の技術を見にきました。高架橋とかトンネルとかの維持管理をしていく上での新しい技術がないかなと思ったんですけど、特にないかなと。いまある技術を使えばなんとかなるかなと思いましたね。(鉄道関係 男性)


フィルター関係の技術を重点的にみようと思ってきました。弊社もフィルター分野はやっているんですが、これからこの分野を拡大していこうと思っていまして、今回展示されている企業さんの技術を参考にできたらなと思っています。(水処理関係 男性)


予防メンテナンスの技術はいいですね。メーカーなので、あらかじめ故障しそうだという情報が欲しいんですよね。それに対して前もって手を打っていくという考え方は面白いですね。(機械メーカーマーケティング 男性)


最近水をテーマに仕事をしているので、水に注目して来ましたけど、うちがやっている水処理剤の技術に応用できるものはあまりないですね。もとは接着剤メーカーなので、そういった展示を中心に見ようと思います。(接着剤メーカー 男性)


環境に関する新素材を探しにきました。特に水処理関係のフィルターなどの新素材ですね。水関係の素材や設備を海外に販売する仕事なので、いいものがあればと。あとはエコマテリアルもこれからやっていく予定なので、ここで商談相手が見つかるといいなと思って見て回ってます。(商社 男性)


インフラ関係に注目してきました。特にインフラの補修ですね、補修の技術や機械がどういったものがあるのかを見に来ました。けど、特にそれほどおもしろいものはなかったですね。商談相手を探しているわけではないですが、注目するものはあまりなかったですね。(商社 男性)


今使用している製造設備のメンテナンスに使うようなものがあればいいなと。機械の異常を発見するセンサー類だったり、目で見て計測できるような機器を探しています。定量化できるものがあればいいなと。どうしても設備のメンテナンスって職人的な部分があるので、そこを数値化したいなと思って。内視鏡的のような機器や、カメラで撮影すると画面上で寸法が測定できたりといったものがいいですね。(フィルム加工業 男性)


ボンベを作るときに古い機械をたくさん使ってるので、それの予防、保全ができる技術が見つかればと思ってきました。けっこういい技術がたくさんあって、商談まで行きたいのが一社ありましたね。ガス漏れ検知の技術で、今はボンベを水に沈めてやってるんですけど、それを自動化できる技術がったので、それをうちの会社用に応用できないかという話をしてきました。展示会に来てよかったなと満足してます。(ガスボンベ製造 男性)


新しい計測技術を探しにきました。フリアーシステムズジャパンのガス漏れ計測はよかったですね。赤外線モニターでガス漏れを可視化できるのを見ていいなと思いました。大型の発電プラントを冷却する際に水素ガスを使っているので。今は水素ガスは対応していないらしいんですけど、今後応用していくという話を聞けたので、実現すれば仕事がスムーズになりますね。(発電プラント製造 男性)


振動解析技術が気になりましたね。我々は発電機で回転体を扱っているんですが、その振動の原因を簡単に見つける事ができるような新しいシステムがあればいいなと思って来ました。(発電関係 男性)


次回以降出展するような展示会かどうかの検討と、出展している企業さんがどいういう技術を出展しているのかを見るために来ました。こういった展示会でどれくらいPRができるのか、というのを肌で感じようと思って。企業もそうですけど、どういった来場者がいるのかも見ておきたいですね。(防災関係 男性)


今会社内でBCP、減災、防災というのをやってまして、そういう技術を見に来ました。気になったのは、停電になったときに光るテープですかね。実用性がありそうですしね。(製造関係 男性)


製造関係のシステムとソフトでおもしろいのものがありましたね。設備を動かすマニュアルを電子で管理しているんですけど、そうはいっても全部文章で作成されているので、それを動画のマニュアルにするのはいいですね。違う部署の人でも対応できるようになると、いざというときに助かりますね。(薬品関係 男性)


海外に紹介できるようなものを探しに来ました。新商品の開発が目的なので、とにかく新しい技術全般を見て回ってます。メジャーなものは大手が海外でやっているので、こういう展示会でまだそれほど営業力のない企業の良いものを海外に紹介しようと思ってます。商談の一歩手前ぐらいまではいきたいですね。(コンサルタント会社 男性)


工場のメンテナンスの仕事をしているので、これからどういった機器を導入しようかなということできました。注目したのは空気を送る圧縮機ですね。最新のものが出ていたので、これに関しては工場に来ていただいて商談しましょうという話までいきました。展示の中では、いらない熱をうまく使う配熱という技術があるんですが、それと、バイオマス技術に興味を持ちました。あとは、補修部品ですかね。応急処置なんかもやりますので、先ほど「この部品購入しますね」という話もしてきました。(工場施設管理業務 男性)


ファシリティマネジメントに注目して来ました。維持管理で使うべき情報を上流からきちんと流すためにどういうものが世の中にあるのかなと。ないなら自分たちで作ろうかなと。で、実際に展示を見るとあまりないですね。私たちから見ると使えないものばかりだなという印象です。自分たちで作っているものの方が汎用性が高いですかね。工場に特化しすぎているFMが多く、応用の効くものではないなと思いました。(組織設計事務所 男性)


生産設備の省エネアイテムを探しにきました。洗浄技術とか浄化技術とかいいんですけど、今日見た展示物単体では導入するのがコストの面とかで難しいので、単体で考えるのではなく、今ある古いものとどうやってうまく組み合わせるかを考える必要があるなと思いました。(自動車生産業 男性)


設備保全をやっているので、メンテナンス関係を主に見に来ました。設備の診断技術など最新のものがあれば取り入れたいなと思って。タブレット化、クラウド化が目につきましたね。こういう技術は取り入れないと取り残されちゃうのかなと思いました。設備診断のシステムとしてこういった技術が確立されれば操作さえ覚えちゃえば誰でもできるようになると思うので、今回の展示を見ていいなと思いましたね。けど、ちょっと金額が高いですね。(設備保全関係 男性)


環境に優しい材料を見つけに来ました。製造業で紙や段ボールを扱っているんですが、紙とそういった環境に優しい材料で新しいものができないかなと。付加価値のあるものをつくりたいと考えているので、何かヒントになるようなものがあればいいなと思って来ました。(製造業 男性)


インフラの維持管理に関しての技術を見つけに来ました。普段からインターネットとかで情報収集しているので、どういったものがあるかは知ってはいたので、その通りの展示会だなという印象ですね。その中でも、現場の人間がモバイル端末やクラウドを使って点検データを基地に送って技術者の判断を仰ぐ仕組みですかね、そういった点検のシステムは注目してますね。すでに自分のところでもクラウド化はやっているので、他社との比較をしている感じですね。(土木点検関係 男性)


建設関係に使えそうな技術をあらゆる分野から探そうと思ってきました。維持管理関係で、ワイヤレスで振動を計れる仕組みですとか、計測した数値のクラウド化ですね、こういったものはこれから有効かなと思いました。これから道路とか橋とか老朽化して、そういうシステムが必要な箇所がどんどん増えてくると思うので、そのときに導入できるように準備しておきたいですね。(建設業 男性)


振動から電気を発電するエナジーハーベストを見に来ました。この技術自体は最近開発は進んでいるんですけど、振動計の振動で発電した電気をまたその振動計に使用するというのは面白いですね。仕事上、建物の振動を計ることがあるんですけど、今まではその振動を逃がす事だけを考えていたので、エネルギーとして使えるといいなと。全体的におもしろい展示が多いですね。新しい技術のネタとして使えそうです。(建設業 男性)


会社で新規事業のテーマ探索をしてまして、将来どういう技術が求められるのかの調査をしに来ました。今日の展示会って商品に近いものが展示されてますよね、実際に商品として販売されている企業さんが多いのですごいと思います。新規テーマって100個ぐらい考えてもそのうち1個残るかどうかなので、売れるところまでもっていく企業さんの意見は参考になりますね。私はそのもっと手前の段階でどういうものが作れるかを考えています。我々の技術を使って将来ここに展示されているような商品に落とし込めるといいなと。私たちの技術を使っていただけるパートーナーさんになってもらえる可能性もありますね。(科学関係 男性)


お客様に提案できそうな商材はないかなと思って来ました。ちょっと分野は違うんですけど、タブレットを使ったソリューションなどあると聞いていたので、そういった企業さんとお話させていただきました。駅の設備に直接つながるものはなかったですね。けど、業務の支援という面ではタブレットなど導入した業務支援というのは可能性があると思いましたね。(鉄道IT 男性)


VOC関係の情報を入手したくて来場しました。情報はそこそこ手に入れられたかなと。本音は競合他社の情報収集が目的なんでうけどね。これから新規でVOCの回収装置の販売に参入しようと思っていまして、他社さんはどういうのがあるのかを見に来ました。使える情報や技術があれば取り入れようと思ってます。(エンジニアリング会社 男性)


プラントのメンテナンスで工事施工担当やってまして、電力関係のメンテナンスなんです。昨今のコストダウンはかなり厳しいですね。これまでのやり方だと難しく、材料の調達とか技術調達とか工法を見直すとか考えないといけなくて、こういう展示に来ると知らない技術とかいろいろ見られるのでいいですね。例えば古いネジを再利用する技術とか細かいんですけどいいなと。いざ必要なときにパートナーになってもらえそうな企業がたくさんありましたね。思ったよりもおもしろくて、一日じゃ見足りない感じです。(建設業 男性)


情報収集で来たんですけど、スマートハウス・エコハウスって付加価値ですよね。付加価値がないと家が高く売れなくて、その付加価値が本当に必要なのかなという疑問を感じますね。どこまでスマートハウスとしてやるのがいいのか、やったらキリがないですよね。(商社 男性)


エコハウスの面ではうちも技術など取り入れているんですけど、もっと良くて安いものがあるんじゃないかと思って見に来ました。石川県の田舎から来たんですけど、地方だと家を建てる方がまだスマートハウスとかエコハウスとかに意識が向いていないのが現状ですね。提案しても、そういうのいらないよと言う方が多いですね。値段が高くなってしまうのもあると思いますが。(建築業 男性)


スマートハウスってメディアなどでよく言われてますけど、お客さんに浸透してないのかなと思ってます。我々の説明不足もあるんでしょうけど。こういった展示会での情報収集、技術収集は我々ががんばらないといけないところですね。我々が採用したい技術とお客さんがほしいものにギャップを感じるので、そこを埋められるようにきちんと勉強しようと思いました。(住宅会社 男性)


サッシメーカーさんの技術で樹脂を使った三層の断熱は目を引きましたね。ただ、スマートもエコも建築業界の中では主流になると言われていますけど、実際にはお金かかるから普及は遅くなりますよね。長い目で見れば環境に良いというのはわかるんですけどね。大手のメーカーさんが最新の技術を開発していく中で、我々のような小さなところと技術の差ができてしまいますよね。二極化してくるのかなと。我々としては少しでも安いところでのエコってものを実現させていきたいですね。(建築業 男性)


スマートハウスの流れは当然の流れでしょうね。ただ日本はまだエコというより経済的な観点からスマートハウスを取り入れようという人が多いのかなと思いますね。展示企業は電気代が安くなるといった部分だけでなく、環境に良いという部分も積極的にアピールするべきなんでしょうけどね。(住宅会社 男性)


デベロッパーさんや不動産屋に提案できるような商材がないか探しにきました。お客さんもエコとか希望はあるけど、見積もりを出すとNGになるケースが多いですね。理想と現実のジレンマですかね。建てるときは何もせずに、建てた後に自分で太陽電池とかエコになるようなものを取り付けるお客さんもいるみたいですね。(住宅建設業 男性)


今日の展示物はエコって分かりやすいものが多いので、商品価値が理解しやすいですね。エネルギー消費量を小さくしようというのは良いことだと思います。住宅業界でもエコとか地方に暮らすとかオーガニックとかニーズが高まっているのは感じますね。(住宅関連IT会社 男性)


エコハウスは盛り上がってはいますし、当社でもやってはいますけど、電気の買取りの問題を受けて需要が減っちゃうんじゃないかという心配はありますね。技術としては蓄電をどうしていくのか、あと値段も問題ですね。そこが解消されればスマートハウス、エコハウスはもっと普及するでしょうね。(大手住宅会社 男性)


うちはすでにゼロエネルギー化というものに取り組んでいるので、とくに目新しい内容はなかったかなと。スマートハウスという言葉はなくなると思いますよ。僕らの業界の中ではもうこの言葉が薄れてきていますね。根本的にスマートハウスということば自体に基準がないですよね。お客さんも何がスマートハウスなのかという定着がしていない感じですね。健康面でのメリットが高いということで納得してもらうケースが多いです。我々は「スマートウェルネス」という言葉を使っているんですが、これからは健康住宅化という認識ですね。あとは、ちょっと展示の内容が細かすぎて大きな目玉はなかったかなという印象でした。(工務店 男性)


関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.