VOC回収装置の車両搭載義務で大気汚染を防げ 首都圏の自治体が国に要請

  • 印刷
  • 共有

九都県市首脳会議は、VOCの一種である「ガソリンベーパー」の放出抑制対策として、ガソリンベーパーを回収し燃料として再利用できる大型回収装置の自動車への搭載を義務化することを国に対し要請した。

本要請では、欧米と同様に、国内でも早期に本装置の装着車(ORVR車)を義務付けるために、道路運送車両法に基づく保安基準など法令の改正を実施を求めている。要請の概要は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事