> > VOC回収装置の車両搭載義務で大気汚染を防げ 首都圏の自治体が国に要請

VOC回収装置の車両搭載義務で大気汚染を防げ 首都圏の自治体が国に要請

 印刷 記事を保存

九都県市首脳会議は、VOCの一種である「ガソリンベーパー」の放出抑制対策として、ガソリンベーパーを回収し燃料として再利用できる大型回収装置の自動車への搭載を義務化することを国に対し要請した。

本要請では、欧米と同様に、国内でも早期に本装置の装着車(ORVR車)を義務付けるために、道路運送車両法に基づく保安基準など法令の改正を実施を求めている。要請の概要は以下の通り。

「ガソリンベーパー対策の推進について」を求めた要請の概要

中国での深刻な大気汚染発生の報道等を契機に、健康影響のおそれがあるとされるPM2.5(微小粒子状物質)への国民の関心が高まっている。PM2.5の主要な原因物質は、NOx(窒素酸化物)、SOx(硫黄酸化物)、VOC(揮発性有機化合物)、PM(粒子状物質)の4つである。また、健康被害が届出されている光化学オキシダントの原因物質はNOx、VOCであり共通している。

このうち、NOx、SOx、PMについては、自動車排ガス規制等により、大幅な低減が図られているが、平成24年度の全国の環境基準達成率はPM2.5が40.5%、光化学オキシダントが0.3%と極めて低く厳しい状況となっている。

(※全文:1,096文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.