> > 埼玉県に世界最大規模のフロート式メガソーラー パネルはインリーソーラー製

埼玉県に世界最大規模のフロート式メガソーラー パネルはインリーソーラー製

 印刷 記事を保存

スマートエナジー(東京都中央区)は、埼玉県比企郡川島町において、農業用貯水池の水面を利用したフロート式水上太陽光発電事業に着手すると発表した。発電規模は約7.5MWで、同社によると世界最大規模。2015年10月に稼働を開始する予定。

本事業は川島町土地改良区が、管理する梅ノ木古凍貯水池(約130,000平方メートル)にて太陽光発電事業を行う事業者を公募し、フロート式水上太陽光発電事業で実績があるスマートエナジーサービス(埼玉県さいたま市)が選定されて実施するもの。

スマートエナジーサービスは、本事業を実施するためのSPC「川島太陽と自然のめぐみソーラーパーク合同会社」をスマートエナジー、県内のガス事業者である東上ガス(埼玉県志木市)、大東ガス(埼玉県入間郡三芳町)とともに設立。また、SPCは武蔵野銀行とプロジェクトファイナンスの組成に合意し、関連契約を10月31日付け締結した。

(※全文:824文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.