> > 新技術! LED照明に照らされたモノにスマホをかざして情報取得

新技術! LED照明に照らされたモノにスマホをかざして情報取得

記事を保存
新技術! LED照明に照らされたモノにスマホをかざして情報取得

富士通研究所は、17日、LED照明から発する光に目には見えない情報を埋め込むことで、その光に照らされたモノに様々な情報を付与する技術を開発したと発表した。

本技術により、光を照射されたモノや人物に、スマートフォン(スマホ)をかざすだけで付与された情報を取得することが可能となる。

例えば、店舗内の“商品”情報を提供し、将来的には自動決済や配送なども実現/博物館、美術館で“展示物”に解説動画をストリーミング再生/舞台上の“タレント”が歌っている楽曲をダウンロード/観光地の“歴史的建造物や看板”などに詳しい情報や解説を母国語で表示、など様々なサービスへの展開が可能になる。また、本技術はLED照明に限らず、例えば、プロジェクターの照明に応用することも可能。

想定利用シーン

想定利用シーン

富士通研究所は、様々な設置環境で評価検証するとともに本技術の精度をさらに向上し、2015年度中の実用化を目指す。

目の前のモノの関連情報を入手する技術としては、識別情報をモノに直接貼り付ける方法や、その位置に情報サービスを関連づける方法などがある。識別情報をモノに直接貼り付けると美観を損ねたり、位置情報を利用したサービスでは、ユーザーのいる場所に応じたエリア単位での関連情報の配布に限られたり、などの課題があった。本技術では、美観を損ねることなく、モノ単位での情報配布を実現する。

今回、同社が開発した技術では、LED照明から発する光の色を人の目には見えないレベルで変化させ、その光を照射したモノにID情報を付与する。その特長として以下2点をあげる。

1.色変調による情報埋め込み技術

カラーLEDはRGBの3色の光を合成して様々な色の光を照射することが可能。RGBの各色成分から発する光の強弱を時間方向で制御し、わずかに変化させることによってモノを識別するID情報を表現する。1つのLED照明につき、1つのID情報を付与する。

2.反射補正技術

光がモノの表面で反射する際に反射率に応じて光の一部が吸収されたり、反射したりする。RGBの各波長に埋め込んだ信号は、反射時に一部が吸収されることによって弱くなってしまうことがあるため、カメラで撮影した映像に対して反射を考慮した補正を行うことによって、情報の検出精度を高めることに成功した。

富士通研究所は、富士通グループの研究開発の中心組織で、次世代ICTのソリューションやサービスから、システム、ネットワーク、デバイス、材料に至る幅広い先端技術の研究開発を推進している。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.