> > トヨタの燃料電池車、初の型式指定 国際基準にも適用され輸出も可能に

トヨタの燃料電池車、初の型式指定 国際基準にも適用され輸出も可能に

記事を保存
トヨタの燃料電池車、初の型式指定 国際基準にも適用され輸出も可能に

国土交通省は、18日、圧縮水素ガスを燃料とする燃料電池自動車(FCV)について、FCVの世界統一基準(GTR13)策定後、トヨタ自動車が初めて道路運送車両法の第75条に基づく型式指定を取得したと発表した。

これによって、型式指定されたFCVの大量生産が可能となり、一般ユーザーへの普及が期待される。また、GTR13には日本の基準が相当程度盛り込まれていることから、国産FCVについて、仕様を大きく変えることなく輸出することが可能となり、今後、日本のFCVの国際展開が期待される。

国土交通省では、2005年3月、世界に先駆けてFCVなど圧縮水素を燃料とする自動車の安全基準を策定するなど、FCVの普及のため環境整備を進めてきた。

また、国際的にも日本の基準をベースとしたFCVの国際基準の策定を目指し、国連欧州経済委員会(UN/ECE)自動車基準調和世界フォーラム(WP29)においてFCVの世界統一技術基準(GTR)策定に関する議論を主導してきた。その結果、昨年6月、2005年に策定した日本の基準を相当程度盛り込んだFCVの世界統一基準(GTR13)が策定された。

FCVは、走行時に、二酸化炭素(CO2)、窒素酸化物(NOx)や一酸化炭素(CO)などの排出ガスが全く排出されないという特徴を持ち、クリーンな次世代の低公害車として有力視されている。今般の型式の指定を契機に、一層FCVの普及が見込まれる。

世界統一基準(GTR:Global Technical Regulations)は、「国連の車両等の世界技術規則協定」(1998協定)に基づく自動車の世界統一規則。同協定には、日本、欧州、米国など33か国・地域が加盟する。

【参考】
国土交通省 - 燃料電池自動車、初めての型式指定

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.