> > トヨタの燃料電池車、12月15日発売 補助金を利用して約520万円

トヨタの燃料電池車、12月15日発売 補助金を利用して約520万円

 印刷 記事を保存

トヨタは、18日、4人乗りセダンタイプの新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を開発し、12月15日より発売すると発表した。FCVの一般ユーザー向け販売は世界初となる。

販売目標台数は2015年末までに約400台。メーカー希望小売価格は723万6,000円(税込み)。政府の購入補助金を利用すると、約520万円で購入できる。一般ユーザーにも手の届く価格に設定した。

MIRAIは、自社開発の燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用。内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能に加え、3分程度の水素の充填で走行距離約650km(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)を達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を実現した。

トヨタは、MIRAIについて、「将来の有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走り、優れた環境性能はもとより、利便性や走る楽しさもあわせ持つ、モビリティの新しい幕開けを告げるクルマ」と表現する。

(※全文:1,485文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.