> > トヨタの燃料電池車、12月15日発売 補助金を利用して約520万円

トヨタの燃料電池車、12月15日発売 補助金を利用して約520万円

記事を保存
トヨタの燃料電池車、12月15日発売 補助金を利用して約520万円

トヨタは、18日、4人乗りセダンタイプの新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」を開発し、12月15日より発売すると発表した。FCVの一般ユーザー向け販売は世界初となる。

販売目標台数は2015年末までに約400台。メーカー希望小売価格は723万6,000円(税込み)。政府の購入補助金を利用すると、約520万円で購入できる。一般ユーザーにも手の届く価格に設定した。

MIRAIは、自社開発の燃料電池技術とハイブリッド技術を融合した「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用。内燃機関に比べてエネルギー効率が高く、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能に加え、3分程度の水素の充填で走行距離約650km(JC08モード走行パターンによるトヨタ測定値)を達成するなど、ガソリンエンジン車と同等の利便性を実現した。

トヨタは、MIRAIについて、「将来の有力なエネルギーである水素を空気中の酸素と化学反応させて自らが発電して走り、優れた環境性能はもとより、利便性や走る楽しさもあわせ持つ、モビリティの新しい幕開けを告げるクルマ」と表現する。

新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」 内装

新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」 内装

一目でMIRAIとわかるデザインを採用し、優れた加速性能と静粛性、低重心化などにより操縦安定性を高め、走る楽しさも追及。さらに、停電や災害などの非常時に使える大容量外部電源供給システム、より安心・安全・快適に乗るための専用通信サービスの設定など次世代車にふさわしい価値を備える。

MIRAIに搭載されるトヨタFCスタック(燃料電池)

MIRAIに搭載されるトヨタFCスタック(燃料電池)

MIRAIのトヨタFCスタック(燃料電池)やFC昇圧コンバーター、高圧水素タンクなどで構成する燃料電池技術は、自社で開発した。FCスタックは最高出力114kWを達成。発電効率を高めて高性能・小型化を実現し、2008年に生産を開始したFCV「トヨタFCHV-adv」に比べて2.2倍の出力密度となる3.1kW/L(世界トップレベル)を達成。発電効率に大きな影響を与えるセルの電解質膜の水分コントロールは、発電によって生じる水をセルの内部で循環させる内部循環方式とし、FCVには必要不可欠だった加湿器を不要とする加湿器レスを実現した。

FC昇圧コンバーターはトヨタFCスタックで発電した電気を650Vへ昇圧する小型・高効率の大容量コンバーターを新開発。高圧水素タンクは、燃料となる水素を70MPa(約700気圧)の高圧で貯蔵するために、3層の構造とし、炭素繊維強化プラスチックなどを素材として活用。「トヨタFCHV-adv」に搭載の高圧水素タンクに比べてタンク貯蔵性能を約20%向上させ5.7wt%を達成するとともに、軽量・小型化を実現した。

安心・安全・快適の追求では、FCVとして水素に対する安全設計を施した。また、衝突の回避あるいは衝突の被害を軽減するシステムなど先進安全技術を標準装備。専用通信サービスでは、ナビゲーション画面に「水素ステーションリスト」を表示するサービスや、FCシステムを遠隔から見守るサービスなどを提供する。

大容量外部電源供給システムは、災害などの停電時に、約60kWhの大容量、かつ最大9kWの電力供給能力を持ち、給電器(別売)に接続することにより、トランク内に設定されたコンセント(CHAdeMO端子)からの電力を直流(DC)から交流(AC)に変換し、住宅や家電の電源としての利用が可能。また、車室内に設置したアクセサリーコンセント(AC100V・1500W)には、家電を直接つないで使用することができる。

燃料電池車は、水素と酸素の化学反応で得られる電気エネルギーを利用し、モーターを駆動させる。エネルギー効率が高く、排出されるのは水だけで、「究極のエコカー」とも言われている。また、水素は、太陽光や風力などの自然エネルギーを活用して水からの生成も可能で、さらに、貯蔵や輸送も容易なため、家庭や自動車用の燃料のみならず、発電への活用も期待されている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.