> > 燃料電池車市場、2020年には年間5万台規模の予測 経済効果は約8千億円

燃料電池車市場、2020年には年間5万台規模の予測 経済効果は約8千億円

記事を保存
燃料電池車市場、2020年には年間5万台規模の予測 経済効果は約8千億円

デロイト トーマツ コンサルティングは、燃料電池車(FCV)について、日本における2030年までの普及台数および経済波及効果について予測した結果を発表した。

これによると、FCV年間販売台数は2020年に約5万台、2025年に約20万台、2030年には約40万台になる見通し。経済波及効果はそれぞれ、約8千億円、約2.2兆円、約4.4兆円となる。

日本におけるFCV市場は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年前後に本格化。 ただし本格化に向けては、水素社会関連ステークホルダーによるチャレンジが不可欠と指摘する。

調査結果の概要は以下の通り。

本年末以降、国内自動車メーカー各社より順次FCV量産モデルの発売開始が見込まれている。しかし、従来型の自動車にはない燃料電池システムや水素タンクを含む車両の量産における品質担保の観点や、水素ステーションの整備状況などを勘案した結果として、当面の各社生産台数は限定的なものとなることが予想される。

年間販売台数が5万台に届く本格的な普及期に到達するのは、各社の第二世代以降のFCV発売が見込まれ、東京オリンピック・パラリンピックの開催にも当たる2020年前後と見込まれる。

ただし、市場本格化を実現するためには、水素社会関連のステークホルダーによるチャレンジが不可欠となる。各自動車メーカーには、社会のFCVに対する期待に応えるべく、第二世代の発売を可能な限り早期かつ大規模なものにしていくことが求められる。

水素ステーションについても、2015年の設置目標100カ所に対し現時点での設置決定は42カ所に留まっている状況から、市場本格化に備えた整備の着実な推進が必要となる。また同時に、当面高額なFCVの初期需要を喚起し、FCV需要が限定される当面のステーション事業を支えるためには、政府および地方自治体による支援が不可欠となる。

さらに、将来のエネルギーセキュリティや環境対応といった効果を実現するためには、FCV以外の水素活用製品普及による水素需要の拡大、製造過程での二酸化炭素排出がない再生可能エネルギー由来のクリーンな水素の供給確保を、FCV市場本格化に向けた準備と並行して推進することが必要となる。

FCVおよび水素ステーションの普及、さらにあるべき水素社会の実現に向けて、2020年の東京オリンピック・パラリンピックをマイルストンに、企業・中央政府・地方自治体の連携により、全国各地で地域単位での水素社会成立に向けた取り組みが活性化されることが望まれる。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.