> > 環境省、「環境人材」の社員教育を行う企業を募集 優秀事例は表彰

環境省、「環境人材」の社員教育を行う企業を募集 優秀事例は表彰

記事を保存

環境省は、環境人材の育成に関する先進的な企業等を表彰する「環境人づくり企業大賞2014」の募集を開始した。

これは、地球環境と調和した企業経営を実現し、環境保全や社会経済のグリーン化を牽引する「環境人材」の育成推進を目指した環境教育など優良な取り組みを行う事業者を表彰するもの。「事業活動グリーン化部門(事業活動を通じた環境教育等の取り組み)」「地球市民育成部門(社会活動を通じた環境教育等)」の2部門に分けて表彰する。

応募資格は日本国内の事業者。対象となる事業者は「大企業」と「中小企業等」に区分し、それぞれ表彰する。事業所・工場単位での応募も可。募集期間は平成27年1月9日まで。有識者による検討を経て、大賞(環境大臣賞)2件、部門最優秀賞2件、部門優秀賞8件程度等の受賞企業等を決定する。審査結果は3月下旬~4月上旬に公表予定。

「事業活動グリーン化部門」では、自らの事業活動等を継続していく上で直接・間接に生じる環境影響を把握し、負荷低減や事業活動を通じた環境改善を積極的に実行する人材の育成を目指す取り組みを対象とする。「地球市民育成部門」では、地域や世界で起きているさまざまな環境問題を把握し、その解決に向けて、主体的に取り組む人材の育成を目指す取り組みを対象とする。

対象事業の応募要件は、「事業者が自ら雇用する社員等を対象として行う環境教育等であること(社員等以外の者が取り組みに参加してもよい)」「継続して過去1年間以上実施されており、今後2年間以上継続して実施する予定の環境教育等であること」。

環境省と環境人材育成コンソーシアム(EcoLeaD)は、環境問題が深刻化する中で、低炭素・循環型・自然共生を目指す持続可能な社会の構築に向け、企業の果たすべき役割の重要性が高まっていることを受け、環境人材の育成推進を目的に同賞を創設した。なお、EcoLeaDは、環境人材の育成を目的とする産学官民のさまざまな団体のネットワーク化を支援するプラットフォーム。

【参考】
環境省 - 「環境 人づくり企業大賞2014」(環境人材育成に関する先進企業等表彰)の募集開始

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.