> > トヨタ「MIRAI」、性能の決め手 豊田自動織機のFCV向け酸素供給圧縮機

トヨタ「MIRAI」、性能の決め手 豊田自動織機のFCV向け酸素供給圧縮機

 印刷 記事を保存

豊田自動織機は、19日、燃料電池車(FCV)用の酸素供給エアーコンプレッサー(圧縮機)、水素循環ポンプおよび水素循環ポンプ用インバーターを新たに開発し、トヨタ自動車が15日に発売するFCV「MIRAI」に搭載されると発表した。

今回開発したエアーコンプレッサーは、FCV向けに世界初の6葉ヘリカルルーツ式を採用。独自のロータ形状を用いることで、小流量から大流量の空気流量の変化に対応しながら高効率で空気を圧縮することが可能になり、車両の加速性能と航続距離(水素1充填あたりの走行可能距離)の向上に貢献した。また、空気流路に様々な消音構造を採用し、低ノイズ・低振動を実現した。

(※全文:1,245文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.