> > 東京都、ボイラー・業務用給湯器などで低NOx・低CO2の新基準スタート

東京都、ボイラー・業務用給湯器などで低NOx・低CO2の新基準スタート

 印刷 記事を保存

東京都は、窒素酸化物(NOx)およびCO2の排出量をさらに低減するため、「低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度」における小規模燃焼機器の認定基準を強化すると発表した。

具体的には、窒素酸化物の排出濃度・効率の認定基準値をより優れた製品の水準に合わせて引き上げ、窒素酸化物排出濃度がさらに低い機器の開発を促すため、窒素酸化物排出濃度の基準を二段階にし、「超低NOx」基準値を導入する。施行日は平成27年4月1日。

東京都は、大気汚染対策及び地球温暖化防止対策として、東京都環境確保条例の規制対象外となる「ボイラー」「ガスヒートポンプ」などの小規模燃焼機器について、窒素酸化物排出量が少なく高効率でCO2排出量が少ない機器の認定制度「低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度」を実施している。

(※全文:653文字 画像:あり 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.