> > 水素ステーション、液化水素の保管が可能に 高圧ガス保安法の基準改正

水素ステーション、液化水素の保管が可能に 高圧ガス保安法の基準改正

 印刷 記事を保存

経済産業省は、20日、燃料電池車(FCV)普及の鍵となる水素ステーション(圧縮水素スタンド)の設置基準に関する規制緩和を発表した。

圧縮水素スタンドの技術基準を改正し、圧縮水素スタンドで、液化水素を保管する液化水素貯槽を設置することを認めた。また、充塡中に車載容器内ガス温度の過上昇を防止するために、圧縮水素を冷却する付属冷凍設備(プレクール設備)について、一定の条件を満たす場合は設備距離の確保を不要とした。

水素を高圧で保持するための蓄圧器の材料については、繊維強化プラスチック(複合材料)の使用も可能とした。

今般、圧縮水素スタンドに、液化水素貯槽、付属冷凍設備及び複合材料を使用した蓄圧器の設置に対応するため、高圧ガス保安法の省令(一般高圧ガス保安規則)等を改正した。この改正により、今後、液化水素貯槽を使用した圧縮水素スタンドの整備が促進されることが期待される。

改正の主な内容は以下の通り。

(※全文:1,569文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.