> > 対向車の方だけハイビームにしないヘッドライト LEDで個別制御する新技術

対向車の方だけハイビームにしないヘッドライト LEDで個別制御する新技術

記事を保存
対向車の方だけハイビームにしないヘッドライト LEDで個別制御する新技術

トヨタ自動車は、一列に配置した複数のLEDを個別に制御することで、走行環境に応じてハイビーム照射をコントロールする次世代照明技術「LEDアレイAHS(Adaptive High beam System)」を開発した。

これにより先行車・対向車を眩惑することなく従来型より広い範囲を照射することができる。また、ヘッドランプの照射範囲を最適化することにより夜間走行時の歩行者や障害物の早期発見をサポートする。2015年に発売する新型車に採用する。

LEDアレイAHSのしくみ

LEDアレイAHSのしくみ

具体的には、先行車と対向車がすれ違う際の両車の間の空間などを照射し、横断歩行者などの発見を支援するほか、市街地では広範囲を照らす配光、高速走行時では遠方に光を集中させる配光など、様々な走行シーンに応じた配光制御を実現する。また、ステアリング操作に連動した配光で、カーブの先を照射して進行方向の視界確保を支援するカーブ時配光機能を装備。これらの機能を組み合わせ、夜間走行時の視界確保を支援する。

日本における2013年の交通事故による死亡者は4,373人と13年連続の減少となったものの、死亡者数を状態別にみると歩行者が最も多く、そのうち夜間の事故が全体の約7割を占めている。同社は、LEDアレイAHSなどの次世代照明技術開発のほか、2015年より順次導入される予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」にAHB(Automatic High Beam/車載カメラによって対向車・先行車のヘッドランプ、テールランプを検知し、ハイビームとロービームを自動で切り替えるシステム)を標準装備し、広範な普及を図るなど、夜間の事故防止に着目した安全技術開発に積極的に取り組んでいる。

また、同社は「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するため、安全技術・車両開発の方向性を示す「統合安全コンセプト」に基づき、車両に搭載された個々の安全装備・システムを研究・開発し、「より安全な車両・技術開発」を進めるとともに、「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していく。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.