> > ソフトバンク、太陽光発電の電力を「買取価格+1円」で買い取り 募集スタート

ソフトバンク、太陽光発電の電力を「買取価格+1円」で買い取り 募集スタート

記事を保存
ソフトバンク、太陽光発電の電力を「買取価格+1円」で買い取り 募集スタート

ソフトバンクグループのSBパワーは、東京電力エリア内で、50kW未満の太陽光発電設備を設置している顧客向けに、国が定めた固定買取価格よりも1円/kWh高く電気を買い取るサービスを開始した。電力の買い取りは同エリアから1万棟をめどに開始し、順次拡大する予定。

顧客は本サービスに申し込むことで、従来の契約先である電気事業者からSBパワーに売電先の切り替えを行うことができる。第1期募集として、本サービスへ切り替える個人及び法人を1万棟限定で募集している。

今回SBパワーは、固定価格買取制度により2012年度または2013年度における買取価格(調達価格)の適用を受けている、発電出力が50kW未満の太陽光発電設備を設置している顧客の電力を、固定価格買取制度で定められている買取価格に1円/kWhを上乗せした金額で買い取る。

買取価格は、余剰買取の場合は「税込価格+1円/kWh」、全量買取の場合は「税抜価格+1円/kWh」。ただし、2012年7月以降に余剰電力の売電を開始した10kW以上の設備の場合は「税抜価格+1円/kWh」。

今回、電力の買い取りの対象となるエリアは、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の全域、静岡県の富士川以東の地域(ただし、富士市の旧富士川町域および富士宮市の旧芝川町域の富士川以南を含まない)。

SBパワーは低圧電力買取サービスを通じて自然エネルギー由来の電力流通を促進し、自然エネルギーの普及を推進していく考えだ。

SBパワーはソフトバンクグループで電力小売事業を行う。同グループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジー100%出資し、2012年8月31日に設立。2013年3月29日に特定規模電気事業者(PPS)の届け出を行っている。

SBパワーは、ソフトバンクテレコムと、本年7月より法人向け電力小売り事業を開始。本事業では、自然エネルギーの比率が高い電力で、CO2の排出を抑えたクリーンな電力を提供。また、ソフトバンクグループのシナジーを活用し、省エネサービスのほか、ソフトバンクテレコムが提供しているネットワークサービスなどの法人向けソリューションと組み合わせた提案にも力を入れていくとしている。

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.