> > 兵庫県宍粟市、市有施設105か所で屋根貸し太陽光発電募集 小水力にも着手

兵庫県宍粟市、市有施設105か所で屋根貸し太陽光発電募集 小水力にも着手

記事を保存

兵庫県宍粟(しそう)市は、市有施設の屋根及び遊休地を賃借し、太陽光発電事業を行う事業者をプロポーザル方式で募集している。同公募の参加資格は、過去に10kW以上の容量を有する太陽光発電太陽光発電事業を実施した実績を持つ国内の法人や、コンソーシアムなど。

事業の候補となる施設は、市の学校や公共施設など併せて98箇所(194棟)と有休地9箇所の合計105箇所で、事業者は各候補地の構造上の安全性や採算性を検討し、事業を提案しなければならない。施設の使用料は、太陽光発電設備の設置を希望する施設等ごとに、下記算定式によって決定する。

算定調達価格から消費税及び地方消費税の額を除いた額(平成26年度は32円)×太陽光発電の公称最大出力(kW)×1,000×公募提示係数(「公募提示係数」は、3/100以上で任意の数値を提案する)

同事業の今後のスケジュールは、現地見学申し込み期限は12月2日まで、現地見学日は4日から12日まで、質疑受付は12日まで、図書閲覧日は8日から12日まで、提案書の受付期間は18日から22日で、25日に予定事業者が決定する。

設置工事は来年1月以降に開始し、売電開始は平成27年4月以降(平成27年9月末までを目標とする)を予定している。

また、同市は平成26年度 宍粟市小水力発電事業性評価調査業務委託に関する公募もおこなっており、締め切りは12月5日。同事業の予算上限額は 約940万円(税込)で、千種川水系天児屋川と鍋ヶ谷川において小水力発電を実施するための調査を行う委託事業者を募集している。

【参考】
九州経済産業局 - 平成26年度 宍粟市公有財産活用太陽光発電事業プロポーザルの募集

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.