> > 福島県の風評被害を農家自ら払拭 植物工場から食品加工も行い6次産業化

福島県の風評被害を農家自ら払拭 植物工場から食品加工も行い6次産業化

 印刷 記事を保存

食品加工・販売事業を手がけるしらかわ五葉倶楽部(福島県白河市)は、福島県白河市に食品加工工場と植物工場の併設による高齢者向けのムース食品を製造する「しらかわ・きずな農場」を竣工した。

これは、東邦銀行(福島県福島市)の融資に加え、三菱商事復興支援財団(東京都)から5,000万円の出資を受けて完成させたもの。これにより自社工場での野菜栽培から加工、販売までを一貫して行う6次産業化事業を推進していく。

(※全文:755文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.