> > 岐阜県大垣市 住宅用太陽光発電電力の環境価値を買い取り、企業に販売

岐阜県大垣市 住宅用太陽光発電電力の環境価値を買い取り、企業に販売

記事を保存
岐阜県大垣市 住宅用太陽光発電電力の環境価値を買い取り、企業に販売

大垣市は、平成21年度より各家庭の太陽光発電設備で発電された電力のうち、自家消費された電力の環境価値を市で買い取り、グリーン電力証書を希望企業に販売するグリーン電力活用推進事業を実施している。また、同事業に参加する家庭を随時募集している。

グリーン電力活用推進事業とは、各家庭が太陽光発電設備で発電された電力を用いて自家消費した電力の環境価値を市が買い取り、グリーン電力証書を発行して、これを希望企業に買い取ってもらう事業。現在の販売量は899,000kWh。販売金額は100kWh単位で10円/kWh。

企業は証書を買うことによって、その代金が市を媒介して太陽光発電した電力を用いる家庭に還元されるため、企業はグリーン電力に貢献した形になる。また、これによって太陽光発電設備が無くとも太陽光電力に寄与したことになり、自社の製品を「太陽光発電で作った」とPRできる。なお、グリーン電力が使われている製品にはグリーン・エネルギー・マークを付けられ、消費者はグリーン電力を使われている製品をひと目で見分けることが出来る。

また家庭では、それぞれが太陽光発電設備で発電されたグリーン電力を消費したという環境価値を市が買い取ってくれるため、発電した電力の自己消費だけでなく、それによって代金が得られる。これにより一般家庭でのなおのことの太陽光発電の普及拡大が期待される。

【参考】
大垣市 - グリーン電力証書の購入について

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.