> > 2016年から実施される国連のEV安全性評価基準、国内で試験実施可能に

2016年から実施される国連のEV安全性評価基準、国内で試験実施可能に

 印刷 記事を保存

神戸製鋼所の100%出資会社で総合試験研究会社であるコベルコ科研(兵庫県)と日本自動車研究所(東京都/JARI)は、リチウムイオン二次電池の安全性評価試験事業で協業すると発表した。

これにより今年11月から、自動車メーカや電池メーカは、2016年7月15日以降に施行される国連のバッテリー式電気自動車に係る「協定規則R100.02 Part2」で要求される全ての評価試験項目を、設備を相互補完することで国内では初めて一括して受託可能とすることができるようになり、日本国内の二次電池産業や自動車産業の発展につながることになる。

(※全文:1,129文字 画像:なし 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.