> > 送電損失が少ない「超電導電力ケーブル」 スペインでの導入可能性調査者募集

送電損失が少ない「超電導電力ケーブル」 スペインでの導入可能性調査者募集

 印刷 記事を保存

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、スペインでの超電導電力ケーブルシステム導入に向けた現状分析を行う事業者の募集を開始した。

NEDOでは、平成25年度及び26年度に実施した「スペインにおける超電導電力ケーブルシステムの実系統連系に係る現状分析」で高圧送電網における調査を行い、現地における技術競争力、普及推進が可能なパートナーとの連携可能性など実証事業の成功要因を確認したが、低圧配電網(220kV未満)については調査対象としておらず、調査の中で低圧配電網に対する潜在的なニーズの見通しを得たが、具体的な普及可能性についての調査は出来ていない。

(※全文:914文字 画像:なし 参考リンク:あり)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

Copyright © 2018 日本ビジネス出版. All rights reserved.